ビタミン・サプリメント

個人輸入とは?

 

個人輸入代行サービスは通常のネット通販と同じような形で簡単に海外で販売されている商品を注文できるサービスです。

 

弊社にて契約しているサプライヤー(発送元)に注文をし海外から直接お客様の手元に海外のお薬・サプリメントを届けます!

 

通常、個人輸入しようと思うと仕入れ交渉、価格交渉、税関、言葉の問題など困難が多くあり英語に自信がない方や仕事をしながら個人的な輸入は時間的にも断念せざる得ません。

 

そこで、『おくすりワールド』の個人輸入代行サービスはそれらのやりとり全て(仕入れ交渉、価格交渉、税関、言葉の問題、配送方法の手配など)を弊社がまとめて代行するのでお客様は通常のネット通販と同じ感覚でご利用いただけます。

 

お薬の個人輸入と聞くと

 

『違法なんじゃない?』

『危ない気がする』

 

といった声をお聞きすることがありますが、禁止薬物や違法性のあるお薬を扱うわけではありません。

 

『海外の人が日本に移住してきて、現地の薬が日本では売っていない』

『欲しい薬が日本では売っていない』

 

 

など、色々な理由で日本国内では手に入らないお薬を海外から個人輸入することが認められてます。

 

これは厚生労働省が定めたルールをクリアする事で”個人輸入”は許可されてます。

 

 

  1. ・個人で使用する場合のみ許可
  2. ・個人で使用する分量のみ許可
  3. ・定められた数量までなら許可

 

大まかなルールは上記の通りです。

 

決められたルールの範囲であれば医薬品、サプリメント、化粧品を海外から個人輸入することができます。

ただし、個人輸入したお薬を友達や家族に譲渡、販売することは薬機法違反になるので絶対にしてはいけません。

 

お薬の個人輸入は輸入した本人が使用する場合に限り認められます。

 

 

※個人で使用する場合でも覚醒剤や麻薬と言った指定薬物を輸入することはできません。

 

詳しくは厚生労働省医薬品等の個人輸入についてを参照ください。

 

※おくすりワールドは常にお客様ファーストであり続けます。

(2020.10.14加筆)