シプロックス 500mg/250mg

2111
2111
2111
2111
0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 (0件の評価 平均: 0.00/ 5)
会員登録して評価してください。
読み込み中...

淋病、尿路感染症などの細菌感染症に効果を発揮!

在庫状態
入荷待ち
発送国
シンガポール
製造メーカー
シプラ リミテッド
内容量
10錠
有効成分
シプロフロキサシン
有効成分含有量
錠数
1箱あたり……¥2,480 ¥2,480

商品詳細

主な効果

  • 殺菌作用
  • 細菌に効果を発揮
  • 特に淋病、尿路感染症

シプロックスはシプラ社が販売するニューキノロン系抗菌薬です。
先発薬シプロキサン錠のジェネリック医薬品です。

適応細菌

シプロフロキサシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、炭疽菌、大腸菌、赤痢菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、緑膿菌、アシネトバクター属、レジオネラ属、ペプトストレプトコッカス属

 

適応症状

表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、胆嚢炎、胆管炎、感染性腸炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、中耳炎、副鼻腔炎、炭疽

 

有効成分シプロフロキサシンは広域抗生物質と呼ばれており細菌の遺伝情報物質(DNA)の複製を妨げることで、殺菌的に作用します

使用方法は?

1日2〜3回100mg~200mgをお水または、ぬるま湯にて服用してください。

※感染症の種類や症状によって適宜増減してください。

注意事項

牛乳などカルシウムの多いものと併用しないでください。
吸収が悪くなり効果が発揮されません。

1日の上限は600mgです。

症状によっては長期的に服用をする必要があり症状が治っても再発防止のために少し長めに服用してください。

副作用は?

比較的副作用の少ないお薬です。
発疹、下痢が続く場合は使用をやめてください。

腹痛、下痢、せき、発熱、呼吸困難、顔面蒼白、アナフィラーキーショック、低血糖、血小板減少、けいれん、口や目の粘膜のただれなど

次の人はこのお薬を使用することはできません

(1)本薬成分に過敏症の既往歴のある人
(2)ケトプロフェン坐剤を使用中の人
(3)チザニジンを使用中の人
(4)ロミタピドを使用中の人
(5)てんかんなどけいれん性の病気、重症筋無力症、不整脈のある人は注意が必要です。
(6)大動脈瘤または大動脈解離を合併している人は注意が必要です。
(7)腎臓の悪い人
(8)妊婦まはた、妊娠の可能性のある人
(9)授乳中の人

有効成分は?

シプロフロキサシン、Ciprofloxacin

保管方法は?

高温、多湿を避け直射日光の当たらない冷暗所に保管してください。

小さなお子様やペットの手が届かない場所に保管してください。</ br>

その他

※『オンライン薬局 オクスリワールド』では、各お薬の用法、用量、効果、副作用は、一般的な薬剤情報からの引用または、商品説明書から翻訳を行って記載してます。免責事項にもあるように当社では、服用および、使用による一切の責任を負いかねます。利用規約にご覧の上、理解してご購入をお願い致します。