トリキュラー21 0.05mg+0.03mg

1478
1478
1478
1478
1478
1478
1478
1478
1478
1478
0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 (0件の評価 平均: 0.00/ 5)
会員登録して評価してください。
読み込み中...

在庫状態
在庫有り
発送国
シンガポール
製造メーカー
バイエル
内容量
21錠
有効成分
レボレルゲストレル,エチニルエストラジオール
¥1,580
1箱(21錠)
1箱あたり⋯ ¥505 ¥6,060
12箱(252錠)セット
1箱あたり⋯ ¥792 ¥4,750
6箱(126錠)セット
1箱あたり⋯ ¥926 ¥2,780
3箱(63錠)セット

商品詳細

主な効果

  • 妊娠回避率99%
  • 人気の低用量ピル
  • 生理痛の抑制

トリキュラー21は99%の避妊に成功している臨床試験の実績があり日本国内の病院でも処方される、人気NO.1の低用量避妊ピルです。
日本国外でも世界90ヶ国以上で利用されている最も人気があります。

世界中で飲まれているトリキュラー21には驚きの避妊効果99%があります。
ちなみに避妊に失敗した1%は飲み忘れた日があったということですので毎日忘れずに服用しましょう。

トリキュラー21の有効成分としてレボノルゲストレルが含まれており、レボノルゲストレルは薬効分類名で緊急避妊剤と言われ避妊効果が非常に高いお薬です。

強い避妊効果があるトリキュラーですが服用をやめればおおよぞ2ヶ月の間に生理が戻るので以降は、妊娠できるようになり自身の人生設計にあわせて服用することができるのも便利なポイントでしょう。

また避妊だけでなく生理不順や生理痛といった月経の悩みを軽減するためにも処方されます。
トリキュラーを服用している際は28日を1周期として生理が一定となるため生理不順が解消され逆算をすれば狙った日に生理をもってこれます。
子宮から血液として排出される子宮内膜を小さく留める働きがありますので、月経時の出血を減らし生理痛を抑えることができます。

トリキュラーの効果が発揮されるのは服用してから約7日後となります。
効果の発揮と同時に避妊を行うことができ、飲み続けている期間中は効果があります。

 

使用方法は?

生理初日に1日1回1錠を水またはぬるま湯で服用します。
飲み始めから21日間連続で服用してください。
毎日忘れずに同じ時間帯に服用することが大切です。
万が一飲み忘れた場合はすぐに服用してください。

服用が2日以上空くと避妊効果がなくなります。

21日連続を基本サイクルとして1シート服用してください。

※上記服用方法は一般的な経口避妊薬の服用方法となります。

注意事項

トリキュラーは1日1錠を忘れることなく毎日同じ時間に21日連続で飲みきることが大切です。
万が一、飲み忘れた場合は直ぐに忘れた分を服用してください。
前回の服用から2日連続で忘れた場合はトリキュラーの効果がなくなるため次の生理を待ち新しいシートから連続21日の服用を開始してください。

服用を開始してから時間帯を変えて服用した場合に生理が始まることがあり、その場合には服用を中止してください。

トリキュラー21は28日周期で1シートを服用します。
21日連続で飲みきったら出血がおきるので休薬期間とし7日は服用をやめ、29日目から新しいシートを服用ください。

他のピルからトリキュラーに移行する場合は現在使っているピルを全部服用し休薬日を越えた後にトリキュラー21の服用を開始してください。

生理初日からトリキュラー21の服用を開始した場合7日~14日までは避妊効果が確実ではないのでこの期間に性行をする際はコンドームを着用し確実に避妊してください。
確実な服用をすればほぼ避妊することができますが避妊を保証するものではありません。
また避妊はできますが性行為における感染症予防はできないので性行為の際はコンドームの着用を推奨します。

セイヨウオトギソウなどのハーブ、一定の医薬品、サプリメントは女性ホルモン剤との相性が悪くトリキュラーの効果を発揮しない場合があるので服用を避けてください。

服用期間中は血栓症になるリスクがあるため下記のことに注意してください。
・喫煙をしない
・肥満な人
・40歳以上の人

トリキュラーなどのピルには注意事項、禁忌事項などがたくさんあります。
使用にあたりご自身で確実に注意することが大切です。

副作用は?

吐き気、乳房の張り、ニキビ、腹痛、頭痛、体重増加、食欲不振、倦怠感、不正出血など

トリキュラーの副作用は妊娠初期と同じような吐き気、乳房の張りなどの症状が出ることが一般的です。
ホルモンバランスの変化が影響しているものと考えられます。

血栓症を発症する場合があり、足の痛み、腫脹、しびれ、息切れ、物が見えにくくなるなどの症状が見られる際は服用をやめてください。

次の人はこのお薬を使用することはできません

(1)レボノルゲストレル、エチニルエストラジオールに過敏症がある人
(2)エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳癌、子宮内膜癌など)のある人
(3)肝障害、高コレステロール、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、心筋梗塞、脳梗塞、不整脈、静脈瘤といった症状、疾病のある人
(4)喫煙者、妊娠中、授乳中の人
(5)C型慢性肝炎などのウイルス血症の治療薬を服用している人(オムビタスビル水和物、パリタプレビル水和物、リトナビル配合剤など)
(6)40歳以上の女性
(7)肥満の人
(8)未成年
(9)男性

有効成分は?

エチニルエストラジオール、Ethinyl Estradiol
レボノルゲストレル、Levonorgestrel

保管方法は?

高温、多湿を避け直射日光の当たらない冷暗所に保管してください。
シートから取り出さずシートのまま服用を進めてください。

小さなお子様やペットの手が届かない場所に保管してください。

その他

※『オンライン薬局 オクスリワールド』では、各お薬の用法、用量、効果、副作用は、一般的な薬剤情報からの引用または、商品説明書から翻訳を行って記載してます。免責事項にもあるように当社では、服用および、使用による一切の責任を負いかねます。利用規約にご覧の上、理解してご購入をお願い致します。

Rating: 5