ペクセップ (パキシル) 40mg/30mg/20mg/10mg

3218
3218
3218
3218
3218
3218
3218
3218
0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 (0件の評価 平均: 0.00/ 5)
会員登録して評価してください。
読み込み中...

在庫状態
在庫有り
発送国
シンガポール
製造メーカー
インタス ファーマシューティカルズ
内容量
50錠 100錠
有効成分
パロキセチン
有効成分含有量
錠数
1箱あたり……¥8,780 ¥8,780

商品詳細

主な効果

  • うつ病の治療
  • パニック障害の治療
  • 憂鬱な気分を和らげる
  • 気分を高める

ペクセップはインタスファーマ社が販売するSSRI型抗うつ薬です。

有効成分パロキセチンが含まれており先発薬パキシルのジェネリック医薬品です。

うつ病、パニック障害、月経前症候群(PMS)、早漏治療に使われるお薬です。

有効成分パロキセチンはデンマークの会社で開発されうつ病の治療薬として開発が勧められた選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に分類される抗うつ薬です。

抗うつ剤として世界で110ヶ国、外傷後ストレス障害の治療薬として60ヶ国以上など世界中で愛用されています。

使用方法は?

うつ病の治療の場合

1日1回夕食後に20~40mgをお水または、ぬるま湯にて服用ください。
10mgから服用を開始して1週間ごとに10mgずつ増量。(上限1日40mg)

 

パニック障害の治療の場合

1日1回夕食後に30mgをお水または、ぬるま湯にて服用ください。
10mgから服用を開始して1週間ごとに10mgずつ増量。(上限1日40mg)

 

強迫性障害の治療の場合

1日1回夕食後に40mgをお水または、ぬるま湯にて服用ください。
10mgから服用を開始して1週間ごとに10mgずつ増量。(症状により上限1日50mg)

 

社会性不安障害、外傷後ストレス障害の治療の場合

1日1回夕食後に20mgをお水または、ぬるま湯にて服用ください。
10mgから服用を開始して1週間ごとに10mgずつ増量。(上限1日40mg)

※1日1回服用する事で24時間効果を継続します。

注意事項

アルコールとの併用はしないでください。

若年成人は(18~30歳)で大うつ病障害の人は服用時に死にたいなどの自殺願望が強くなる危険性があるとされているので注意してください。

うつ病患者が服用を開始する際、服用量を変化させる際は気持ちの変化が大きくなるので注意が必要です。

即効性のあるお薬ではありません。
おおよそ2~3週間程度の長期服用にて効果を体感できます。

過剰な服用は危険ですのでおやめください。
1日の上限は40mgまでとされてます。

副作用に傾眠などがあるため、服用後に車の運転や危険を伴う機会操作はお控えください。

副作用は?

便秘、吐き気、めまい、傾眠、頭痛、食欲不振、体重増加、性欲減退、勃起不全など

次の人はこのお薬を使用することはできません

(1)本成分に過敏症の既往歴のある人
(2)MAO阻害剤を使用している人
(3)ピモジドを使用している人
(4)脳に器質的な障害のある人
(5)統合失調症の可能性のある人
(6)てんかんのある人
(7)妊婦または、妊娠している可能性のある人
(8)授乳中の人
(9)高齢者
(10)緑内障の人

有効成分は?

パロキセチン、Paroxetine

保管方法は?

高温、多湿を避け直射日光の当たらない冷暗所に保管してください。

小さなお子様やペットの手が届かない場所に保管してください。

その他

※『オンライン薬局 オクスリワールド』では、各お薬の用法、用量、効果、副作用は、一般的な薬剤情報からの引用または、商品説明書から翻訳を行って記載してます。免責事項にもあるように当社では、服用および、使用による一切の責任を負いかねます。利用規約にご覧の上、理解してご購入をお願い致します。